去年の7月に立ち上がったTOKYOガストロノミーツーリズム。約半年の集大成ともいうべき「島食大宴会」が2月17日(土)調布で開催されました。

この日は朝から京王トリエ調布で「東京の島マルシェ」を開催。
新島からは島らっきょうに苺にくさやが。明日葉は伊豆大島や神津島から到着。どれも新鮮なものばかり。
「調布から島までは飛行機で直ぐじゃない?春に行ってみようかしら」「島らっきょうを新島で作っているなんて、知らなったわ。どうやって食べるの?」なんて、お買い物の際のやりとりが楽しい。

夕方。島マルシェを閉め、急いで「カムラッド調布店」へ。
いよいよ本年度のTOKTYOガストロノミーツーリズムのフィナーレ♪大宴会のはじまりはじまり。

今宵は島の話を肴に、飲み食べ楽しもうと約50名の方が集結。
まずは、新島の生産者の皆様に、11月に実施した新島ガストロノミー(略:新島ガストロ)の思い出話や、島の食材や暮らしについてお話をお聞きしました。

左から、あめりか芋の生産者・大沼さん、ミニトマト・玉ねぎの生産者・内藤さん
島焼酎の生産者・宮原さん、新島村ふれあい農園の十川さん

この日のために、宮原さんは新島ガストロの参加者が大沼さんの畑で収穫したあめりか芋から作った焼酎の原酒を、また内藤さんはハウスで参加者が苗植えをし、成長した玉ねぎを持ってきてくれました。

そして、会場がいい感じで温まった頃に椎名誠さんが到着。
全員でカンパイの音頭をとり、椎名さん&怪しい雑魚釣り隊のメンバーによる座談会が、ゆるーくスタート。
お酒を飲みながらのほろ酔いトーク。話題は新島ガストロノミーでの話になり…

島ではシマアジが入れ食い状態で釣れたり、釣った魚を雑魚釣り隊の寿司職人がどんどん握り、回転寿司ならぬ人間が寿司の周りを回る「人間回転寿司」をした話。
キャンプ中、あまりの強風の為、テントを飛ばされる隊員がいたり…
また、島食大宴会での新島の料理研究会の方と雑魚釣り隊の料理人の方が同じ島の食材を使って違うメニューを作る料理対決?の話まで。
お酒を飲みつつ、愉快な話は続きます…

この日のお料理はカムラッドさんのオリジナル料理。島の食材を使った珍しい料理がズラリ。特に小あじのくさやを揚げ、新島の玉ねぎと絡め黒酢をかけたお料理にはびっくり。

あめりか芋の焼酎でグイっと、ご満悦の方もいらっしゃいました。

特産小あじのくさやのフリット黒酢ソース
あめりか芋とパッションフルーツのムースケーキに新島いちごを添えて

デザートは、あめりか芋のケーキに新島村ふれあい農園の大粒のイチゴをそえたもの。
色鮮やかで見てうまし、たべて美味しでした。

宴会中、参加者は新島の生産者から島の暮らしを聞いたり、椎名さんや雑魚釣り隊の皆さんと一緒に酒を酌み交わしたり、、、
食べて、飲んで、笑って
TOKYOガストロノミーツーリズムらしい「食べるの好き」「島が好き」そして「人が好き」なアットホームな会になりました。
また皆様とTOKYOの「食」を入口にしたプログラムをご一緒できるよう頑張ります。
食いしん坊の皆様、今後とも応援をどうぞよろしくお願いします。

~この日のメニュー~
新島産島らっきょを使ったお料理
新島産ムロアジとしらすのトルティーヤピザ
ミニトマトとボローニャソーセージのカプレーゼ
島鮮魚と魚介のパエリア
特産小あじのくさやのフリット黒酢ソース
ベーコンと島玉ねぎの明日葉ジェノベーゼ
あめりか芋とパッションフルーツのムースケーキに新島いちごを添えて
明日葉のペカンナッツショコラ

TOP